ホーム > 紅桜の物語
瀏覽人數:2537


 

台中の工場の周囲には人工の運河が流れていて、その広大な敷地に緑地が広がり、初春には桜の花がほころび、美しい草花によって家族の憩いの場所として最適なところです。
美しい環境のほかにも、工場内にはお客を招く"阿弟仔(おちびちゃん)"が飼われています。このペットなんだかわかりますか。

 

阿弟仔は実はかわいい子豚のことで、ただ丸まるとしたおなかをしているだけの豚でなく、実は彼、超人気者なんです!!彼は子どもの時から、バターケーキを食べて育ち、とてもきれい好きで、しかもパフォーマンスも得意なのです。ショップ内がお客様で溢れているとき、彼はお客様への店内案内もしてくれます。また、小さい頃からバターケーキを食べていたことからか、人工運河で泳ぐのが好きなことからかわかりませんが、彼の体は豚特有の臭さがありません。また彼はこの人工の島で遊ぶことが大好きで、いつのころからかお客様からマスター・オブ・ザ・アイランド(島主)と呼ばれています。

 

》安心のラード製造工程: